• TOP
  • 在宅医療への取り組み

瑠璃光薬局の在宅医療への取り組み

瑠璃光薬局では、在宅医療にも積極的に取り組んでおります。薬剤師が患者様のご自宅を訪問し、お薬の説明・お渡しをすると同時に薬剤管理、服薬状況チェックをさせて頂きます。訪問時は正しい服用方法の説明や服用状況の確認、副作用のチェックを行います。お聞きした内容は必要に応じて医師に報告し、より健康で質の高い治療が行えるようサポートします。さらに、生活状況・介護状態の把握により患者様の暮らしやすい環境作りにも貢献しています。 

在宅医療とは

薬局への来局が難しい、薬の管理が上手くできないといった場合に、患者様の過ごすご自宅や施設に薬剤師が訪問し、お薬のお届け・説明・管理をします。

残薬の整理

飲み忘れ等によって余ったお薬を整理することができます。不要なお薬の廃棄だけでなく、再利用できるものを薬剤師が判断し、次回受診時に日数を調整することができます。

飲みやすい工夫の提案

服用するお薬の種類が多くてどの薬を飲めば良いか分からなくならないように一包化してお届けすることができます。さらに、大きな錠剤やカプセルが飲み難い場合は錠剤を粉薬(粉砕、脱カプセル)にしてお作りすることも可能です。

一包化.png

お薬カレンダー、セット箱の活用

お薬カレンダーやお薬セット箱活用を提案し、飲み忘れを防止します。

 

クリーンベンチを使用した無菌調剤

これまで病院でしか行えなかった点滴が患者様のご自宅でも行えるようになりました。このときに用いる点滴薬剤の調製には、衛生的に調製ができるクリーンルームを利用した無菌調剤が必要となります。瑠璃光薬局ではこのような無菌調剤にも対応する体制が整っております。